Twitchアフィリエイトの登録方法、収益化後の申請や流れを紹介

 


最近、Twitchのアフィリエイトの条件を達成し、収益化できるようになりました。開放まで約2ヶ月、ちょこちょこ頑張って配信して、ようやく達成という感じでした。今回の記事では、Twitchのアフィリエイトが有効になったあとの登録方法について紹介したいと思います。

Twitchアフィリエイト有効化の条件


Twitchアフィリエイトを有効化し、収益受け取りを可能にするには以下の条件を達成する必要があります。

  • 50人のフォロワーを獲得する
  • 8時間配信する
  • 7日配信する
  • 平均視聴者数3人以上

これらの条件を直近30日以内で達成することでTwitchアフィリエイトが開放されるようになります。

Twitchアフィリエイト登録の際に事前に必要なもの

Webフォームを入力していく際に以下のものが必要になります。事前に用意しておきましょう。

  • マイナンバー(通知カードでもマイナンバーカードでもOK、番号がわかるもの)
  • 収益受取先
※銀行口座、Paypalがおすすめです。自分はPaypalにしました。

Twitchアフィリエイトの登録方法

Twitchアフィリエイト有効化の条件を満たすと、2~3日くらいでこのようなメールとTwitch上での通知が届きました。Twitchアフィリエイトを有効にするには、[始める]を選択します。


ダッシュボード画面が表示されるので、[アフィリエイト登録]を選択します。


2段階認証を有効にしていない場合は、有効にします。[2段階認証をオンにする]を選択します。


[2段階認証を設定する]を選択します。


ポップアップが表示されるので[2段階認証を有効にする]を選択します。


手順に沿って2段階認証を有効にすると、このような画面に切り替わりますので、[完了]を選択します。


もう一度メールから[始める]を選択するとこのような画面になります。全部で4つのSTEPがあり、全て入力することで有効化されます。支払い登録を選択すると、住所情報を入力する画面に遷移するので、必要情報を入力していきます。


住所情報を入力したら、利用規約への同意をします。[同意する]を選択し、手順に沿って確認をします。


続いて税務情報インタビューのフォームに入力していきます。[ロイヤリティ税務情報インタビュー]を開始するを選択し、手順に沿って情報を入力します。ここでマイナンバーが必要になります。

なお、こちらに入力する情報はブログやYouTubeをやっている人ならおそらく目にしたことがあると思いますが、「アメリカには在住していないです」などのヒアリングをされました。



最後に支払い先の登録をしました。自分はPaypalを設定しました。その際にPaypalに登録しているメールアドレス、アカウント名が必要になりました。これはスマホのアプリから簡単に確認できましたので特に戸惑うことはありませんでした。


すべて登録が完了したらこの画面になります。以上で登録の流れは終了です。

Twitchアフィリエイトを有効化するのに大変だったこと

自分が大変だったことは平均視聴者数を3人以上にすることでした。最初は全く人が来ない動画を沢山あげてしまった関係でなかなか数字が増えていきませんでしたが、少しずつアクセスしてくれる人が増えてくれた結果、正味2ヶ月くらいで達成することができました。

Twitchアフィリエイトを達成する際に効果的だったこと

やはり視聴者が見たいと思うコンテンツを配信することが良かったです。自分のチャンネルを見た人が何を見たいと思っているかが、Twitchのダッシュボードに表示されていました。おそらくレコメンド機能のようなものだと思うのですが、そこにApex Legendsが表示されていたので、配信してみたところ今までよりも多くの人に見てもらうことができたため、達成できたのではと思っています。

なお自分のPCだとスペック不足なのか、Apexを快適にプレイすることが難しかったため、SwitchでApexをプレイしていました。その際に利用したのが以下のキャプチャーボードです。


できるだけ初期投資を抑えつつ、それなりに配信できればと思っていたところこの商品を見つけました。実際に配信したところ、流石に高価なキャプチャーボードにはかなわないかもしれませんが、OBSで配信する限りはそれほど遅延もなく、画質もそれなりにきれいなので入門編としてはちょうどよいツールでした。

まとめ

ゲーム配信に興味がある方はTwitchから始めることをおすすめします。YouTubeはチャンネル登録者1,000人が条件に入っていて、かなり大変ですが、Twitchはある程度頑張れば達成できる条件なのでYouTubeよりも敷居は低いと思いました。これからTwitchでゲーム配信をしてみたいと思う方の参考になれば幸いです。